SUSEによるストレージの再定義

IDC社によると、2020年までに全世界のデータ量は40ZB(ゼタバイト)に達する見込みです。これは、2010年から2020年の間にデータ量が5000%増加することを意味します。

ビジネスの進化によってデータドリブン志向が強まる中、データ量の急増への対応が重要な課題になっています。さらなる容量の需要への対応が、既存のストレージ管理人員のキャパシティを超えつつあるため、運用への追加投資が必要とされています。

解決策があります。Software-Definedデータインフラストラクチャにより、IT部門が従来以上の管理力を取り戻します。ストレージインフラストラクチャの変革が可能になり、ベンダー固有の高額な商用ハードウェアから、オープンソースベースソフトウェアとコモディティハードウェアに移行できます。エンタープライズデータストレージソリューションを評価する際は、SUSEを信頼できるアドバイザーとしてお役立てください。

次のような点を考慮する必要があります。

  • 自社が保有するデータのさまざまな種類を把握し、必要なデータストレージのタイプを特定する。
  • 拡張性、災害耐性、コスト効率に優れたソリューションを選択する。
  • ミドルレンジやハイエンドのストレージ製品に匹敵するストレージ機能をそれらの数分の1のコストで提供するソリューションを実現するため、自己修復と自己管理のオプションを活用する。
ストレージに変革をもたらす:オープンなSoftware-Defined Storageソリューションの明確なメリット

ブログ

続きを読む

既存のストレージを維持すべきか、移行すべきか?

先日のブログで、今日のデータ爆発について話をし、そのうえで過去に例…

続きを読む

不安定な世界で企業が(ストレージへの) 投資をリスクヘッジする方法

企業にとって、ロックダウンは常にある恐怖です。特定のベンダーに企業…

続きを読む

The Data Explosion and Academia. Teaching us all new ways to best utilize Software-defined Storage

Enterprises across the world are facing an uphill struggle with managing their increasing data growt…