SUSE Linux Enterprise Workstation Extension

SUSE Linux Enterprise Serverを、十分な機能を備えた開発者や管理者向けワークステーション環境に変え、生産性とコードの品質の改善を実現できます。SUSE Linux Enterprise Workstation Extensionには、SUSE Linux Enterprise Desktopに付属しているすべての生産性アプリケーションが含まれているため、サーバから必要なワークステーション機能に簡単にアクセスできます。

主なアプリケーション
  • Mozilla Firefox Webブラウザ
  • Evolutionのeメールとスケジュール
  • Pidginインスタントメッセージ
  • Shotwell Photo Manager
  • Rhythmboxミュージックプレーヤ
  • LibreOfficeオフィス生産性スイート
クリックしてその他の特長を表示
バージョン12

システム要件

特定用途での推奨事項
  • 512MiB~4GiBのRAM、1CPUあたり最低256MiB
  • ハードディスク: 4GiB (OSのスナップショット/ロールバック用に16GiB)
  • ネットワークインタフェース(イーサネット、ワイヤレス、またはモデム)
  • Xen仮想ホストサーバ – 仮想ホストサーバ1台当たり512MiB以上のRAM
  • KVM仮想ホストサーバ - KVMの制限はSUSE Linux Enterprise Serverと同等
  • XenまたはKVM仮想マシン – 仮想マシン1台当たり256MiB以上のRAMを追加
(続き)
  • プリントサーバ – サーバベースの印刷のパフォーマンスを向上させる場合は、比較的高速なプロセッサを使用するか、プロセッサを追加
  • Webサーバ – キャッシングを向上させる場合はRAMを追加。Webアプリケーションのパフォーマンスを向上させる場合はプロセッサを追加
  • データベースサーバ – キャッシングを向上させ、並行I/O用に複数のディスクを使用する場合はRAMを追加
  • ファイルサーバ – I/Oスループットを向上させる場合は、メモリとディスクを追加するか、RAIDシステムを利用
インストールに必要なLinuxサーバの最低システム要件
  • ローカルインストール: 512MiBのRAM (512MiBのスワップを推奨)
  • ハードディスク: 2GiB以上(すべてをインストールする場合8.5GiB以上を推奨)
  • OSのスナップショット/ロールバック用に16GiB
クリックしてその他の技術仕様を表示

生産性向上

Workstation Extensionでは、システムのトラブルシューティング時に同僚とリアルタイムで協同し、コミュニケーションを取ることができるため、生産性が向上します。

詳細はこちら ›

コード品質の改善

単一のシステムでアプリケーションを開発、テスト、展開し、コードとファイルのコピーおよび設定時に発生することのあるエラーを排除することもできます。

詳細はこちら ›

必須アプリケーションを完備

SUSE Linux Enterprise Workstation Extensionには、SUSE Linux Enterprise Desktopにある生産性アプリケーションがすべて含まれています。LibreOfficeスイートに加えて、Webブラウザ、eメール、スケジュール、インスタントメッセージングなども利用できます。