ロジックベースのアプローチでKubernetesの管理を新しいユーザー・エクスペリエンスで実現

DevOpsで効率的に環境をデプロイおよび管理できるように設計された新しいユーザー・エクスペリエンスは、視覚的な認知負荷を軽減し、洗練されたナビゲーションワークフローを提供します。

ホスト型Kubernetesクラスターの完全なライフサイクル管理

Amazon、Microsoft、Googleと提携し、KubernetesユーザーがSUSE Rancher内のEKS、AKS、GKEでホストされるクラスターのワークフローを一元化できるようにしました。マルチプラットフォームや複数の環境での実装および運用の必要性を減らします。

新しいセキュリティとコンプライアンスの統合により環境を強化

SUSE Rancherに統合された新しいセキュリティおよびコンプライアンス機能により、コア、クラウド、エッジの環境を強化し、オペレーターがカスタムクラスターを安全にプロビジョニングできるようになります。

Steve Delaney氏、Cloud Enterprise Architect、Schneider Electric(エネルギーとオートメーションを手掛ける多国籍企業)
2020年は、Rancherプラットフォームに登録されたプロジェクトの数が92%増加しましたが、2021年も同様に高いレベルのエンゲージメントが見込まれています。SUSE Rancher 2.6は、AKSとEKSのサポートを追加することで需要をさらに喚起すると同時に、この増大する需要をサポートするための一括管理機能を運用チームに提供します。

SUSE Rancher 2.6は、エンタープライズKubernetes環境の最適化にどのように役立ちますか?

エンタープライズDevOpsチームのために設計された新しいプラットフォーム体験

SUSE Rancher 2.6の洗練された新しいユーザーインターフェイスとプラットフォーム体験は、IT運用者が拡大する環境を効率的に管理することを可能にし、開発者がクラスターを迅速かつ確実にデプロイし、高速に構築することを可能にします。

  • コア、クラウド、エッジなどの場所を問わず、シンプルなクラスター運用が可能です。
  • 洗練されたミニマルなUXでエンドユーザーの認知負荷を軽減します。
  • ロジックベースのナビゲーションワークフローと、一目で確認できるダッシュボードの機能を改善しました。
詳細はこちら

トップクラスのハイパースケーラークラスターでの完全なライフサイクル管理

複数のプロバイダーや環境の管理に要する運用上のオーバーヘッドを最小限に抑えることで、エンタープライズKubernetes環境の迅速な拡張を支援します。SUSE Rancher 2.6は、Amazon EKS、Microsoft Azure AKS、Google Cloud GKEでホストされているあらゆるクラスターを、単一のプラットフォームで運用することができます。

  • SUSE Rancherでワークフローを一元化することで、運用ワークロードを軽減します。
  • SUSE Rancherコントロールプレーンを使用して、ホストされているクラスター全体で完全なライフサイクル管理を実現します。
  • すべてのホスト環境でクラスターとプロビジョニングを標準化します。
詳細はこちら

企業のセキュリティとコンプライアンス体制の強化

企業がKubernetesを採用し、大規模な実装を続けることで、Kubernetes環境全体の複雑さが増大していきます。SUSE Rancher 2.6は、プラットフォームのセキュリティおよびコンプライアンス機能の拡張に重点を置いた最新のリリースで、運用者や開発者にさらなる安心感を提供します。

また、Kubernetesの運用者にとっては、予防的なリスク管理が最重要課題となっています。SUSE Rancher 2.6では、Kubernetesのネイティブユーザーが、機能性を損なうことなく安全で堅牢なクラスターを構築できるように設計された、2つの新しい統合機能をプラットフォームに導入しています。

  • SUSE Rancher内の既存のセキュリティ機能を強化し、リリース全体の脆弱性を検出するためのスキャンの追加、ログのトレーサビリティーの改善、SUSE Rancher強化ガイドの改定を行っています。
  • SLE BCIの統合により、SUSE Rancherユーザーは、真にオープンソースで柔軟性があり、FIPSに対応したセキュアなリポジトリを利用するという新たな選択肢を得ることができます。
  • クラスターAPIを利用したGitOpsプロビジョニングのテクニカルプレビューでは、カスタムクラスターテンプレートを試用し、標準化されたデプロイメントプロセスを構築することで、完全な制御を維持しながらコンプライアンスを確保できます。
詳細はこちら

SUSE Rancher 2.6
をご体験ください

SUSE Rancher 2.6のリリースを記念したローンチイベントにご参加ください。これらの新機能を活用して、企業がコア、クラウド、エッジにクラスターを迅速に拡張する方法について、専門家チームの意見を聞くことができます。

開催日時

2021年9月15日(水)
午後1:00~午後3:00 (米国東部標準時) /
午前10:00~午後12:00 (米国太平洋標準時)

SUSE Rancherのアーキテクチャ関するインサイト

SUSE Rancher 2.6の新機能の技術概要を説明したSUSE Rancherの最新ガイドブックをご覧ください。

ガイドをダウンロード