Rancher Kubernetes Engine (RKE)

RKEは、CNCFの認定を受けたKubernetesディストリビューションです。ホスティングへの依存がほぼなくなるため、Kubernetesの一般的なインストールの複雑さを解決し、確実な導入、アップグレード、ロールバックの方法を提供します。

Kubernetesの動作を自動化

RKEによるKubernetesの操作は容易に自動化でき、稼働しているオペレーティング・システムやプラットフォームから完全に独立しています。RKEにより、1つのコマンドで数分間でクラスターを構築できます。

詳細はこちら
01
CNCF認定

RKEのCNCF認定により、すべてのリリースでアップストリームKubernetesと同じAPIがサポートされます。そのため、RKEと他の認定ディストリビューションの間でKubernetesのリソースを安心して移動できます。

02
ベンダーからの独立

RKEは、特定のベンダーのオペレーティング・システムや、Kubernetes管理プラットホーム、専用ツールに依存しません。ユーザーのKubernetes戦略に適したテクノロジー・ベンダーを自由に選択できます。

03
安全な最小限のアップグレード

RKEはコンテナにより構築されているため、コンテナ・エンジン以外は、基盤となるオペレーティング・システムとの接点はありません。コンテナにより、簡単に新しいバージョンにアップグレードしたり、必要に応じて前のバージョンにロールバックしたりできます。

3つの主な特長
物理デバイスでも仮想化サーバーでも高速、シンプル、柔軟にKubernetesディストリビューションをインストールできます。

簡素化されたインストール

インストールは1つのバイナリから簡単に実行でき、使用するYAMLファイルは1つです。エキスパートでなくても、1つのコマンドでKubernetesを導入できます。このコマンドはSSH経由でリモート・ホストに接続するため、SUSE RancherかSSHアクセス権のあるスタッフは、世界中のどこにいてもRKEインスタンスを導入して管理できます。

操作の自動化

SUSE Rancherと共に使用することにより、オペレーターは数回クリックするだけでRKEクラスターのインストールとアップグレードを自動的に実行できます。

24時間365日のエンタープライズ・グレード・サポート

RKEとSUSE Rancherを導入する際は、必要なときにテクニカル・エキスパートによる24時間体制のサポートを受けることができます。

RKE Government

RKE Governmentは、米国政府機関向けにFIPS対応を追加してセキュリティを強化したRKEの派生製品です。クラウドネイティブ・アプリケーションの強力な保護を実現するため、セキュリティについてコンプライアンスベースのアプローチを採用し、標準的なリスク管理フレームワークとベスト・プラクティスを重視しています。

SUSE RancherとRKEについて

SUSEコンサルティング

同じ組織が存在しないように、モダナイゼーションの過程にも同じものはありません。お客様のチームと連携して、スタートポイントの特定、ソリューションの設計、ベストプラクティスの実装、継続的な成功に向けた最適化を行います。

詳細はこちら

複合サービス

革新的な技術は競争優位性をもたらしますが、新しいスキルとリソースが必要です。モダナイゼーションの作業を開始するにあたっては、コンサルティングと優れたサポートサービスを含む複合サービスをお選びください。

詳細はこちら

トレーニングサービス

スキルがトランスフォーメーションのネックとなっている場合は、SUSEトレーニングが解決をお手伝いします。包括的なコースと認定パスのポートフォリオにより、お客様の要件、スケジュール、ビジネスに適したトレーニングをご提供します。

詳細はこちら

Premium Supportサービス

SUSEサポートに、お客様、お客様のチーム、お客様のインフラストラクチャを理解した専任の担当者への直接のアクセスを追加できます。日々の業務に対応しながら、変化のスピードや顧客の期待にも対応することができます。

詳細はこちら

クイック・スタート

RKEは、Rancherのエンジニアリング・チームが開発した無料のオープンソースKubernetesディストリビューションです。クイック・スタート・ガイドに従って簡単な手順で開始できます。

簡単な2ステップでRancherを始める