SUSE Linux Enterprise Server Point of Service

SUSE Linux Enterprise Server Point of Service 11は、リテール業界固有のニーズに合わせてカスタマイズされた唯一のエンタープライズクラスのLinuxソリューションです。Service Pack 3では、信頼性とセキュリティの強化、管理の簡素化、POSクライアントのワイヤレス操作、SUSE Managerとの緊密な連動などが実現しています。

主な特長
  • カスタマイズしたイメージの作成と展開
  • システムの信頼性とセキュリティの強化
  • TCOの削減
  • 強制的なアップグレードと高価なライセンスは不要
  • サポートベンダーの巨大なエコシステム
クリックしてその他の特長を表示

システム要件

管理サーバ
  • 対応プロセッサプラットフォーム: x86、x86-64
  • ディスク容量: 4 GB(最小)
  • RAM: 512 MB(最小)
  • ネットワークカード
イメージ構築サーバ(オプション)
  • 対応プロセッサプラットフォーム: x86、x86-64
  • ディスク容量: 4 GB(最小)
  • RAM: 1 GB(最小)
  • ネットワークカード
イメージ構築コンポーネント搭載管理サーバ
  • 対応プロセッサプラットフォーム: x86、x86-64
  • ディスク容量: 25 GB(最小)
  • RAM: 1 GB(最小)
支店サーバ
  • 対応プロセッサプラットフォーム: x86、x86-64
  • ディスク容量: 4 GB(最小)
  • RAM: 512 MB(最小)
  • サーバあたり2枚以上のネットワークカード
管理/支店サーバの組み合わせ
  • 対応プロセッサプラットフォーム: x86、x86-64
  • ディスク容量: 4 GB(最小)
  • RAM: 512 MB(最小)
  • ネットワークカード
クライアント
  • 対応プロセッサプラットフォーム: x86
  • ディスク容量: 4 GB(最小)
  • RAM: 512 MB(最小)
  • サーバあたり2枚以上のネットワークカード

信頼性とセキュリティの強化

SUSE Linux Enterprise Server Point of Serviceは、バグを持つプログラムが原因でコンピュータが不安定になったりクラッシュしないようにします。カーネルとそのユーザの間が厚い壁で分断されているため、不正アクセスのリスクが減ります。

詳細>

維持管理総経費を削減

SUSE Linux Enterprise Server Point of Serviceは、オペレーティングシステムのライセンス料がなく、支払うのは保守サブスクリプションだけになります。また、SUSE Linux Point of Serviceはロード済みのシステムなど、特定デバイスへの縛りがないので、任意のハードウェアを使用して経費を節約できます。

詳細>

ベンダロックインを回避

独占的ベンダの単一プラットフォームに業務をロックインすると、システム、さらにはビジネス全体を大きなリスクにさらすことになります。SUSE Linux Enterpriseで実行するアプリケーションは、強制的なアップグレードのパターンに束縛されることを望まない企業にとって、新しいアップグレードパスとなります。

詳細>

お客様の声 SUSE Linux Enterprise Server Point of Service