Geo Clustering for SUSE Linux Enterprise High Availability Extension

地域災害が起きたとき、停電が発生してミッションクリティカルなワークロードで不具合が生じる可能性があります。このような状況は受け入れられません。Geo Clustering for SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionを使用すれば、ルールベースのフェールオーバーを実行して、被災地以外にある別のクラスタにワークロードを自動または手動で転送できます。ミッションクリティカルなワークロードを被災地から外へ移し、実行を継続できます。

主な利点
  • グローバルに分散したデータセンターでワークロードを保護します
  • マルチテナントを使用して、ビジネスニーズに従ってジオクラスターを管理します
  • ワークロードを最大限に保護し、予期せぬダウンタイムを生じさせません
  • 手動のフェールオーバーオプションにより、業界の法規制に準拠します
  • ミッションクリティカルなアプリケーションを地域災害から保護します
  • 複数のデータセンターにわたって物理および仮想のLinuxクラスタを導入します
クリックしてその他の特長を表示

システム要件

特定用途での推奨事項
  • 512MiB~4GiBのRAM、1CPUあたり最低256MiB
  • ハードディスク: 4GiB (OSのスナップショット/ロールバック用に16GiB)
  • ネットワークインタフェース(イーサネット、ワイヤレス、またはモデム)
  • ネットワークの冗長性
  • I/Oフェンシングメカニズム(可能であれば共有ストレージ)
  • Xen仮想ホストサーバ – 仮想ホストサーバ1台当たり512MiB以上のRAM
  • KVM仮想ホストサーバ - KVMの制限はSUSE Linux Enterprise Serverと同等
  • XenまたはKVM仮想マシン – 仮想マシン1台当たり256MiB以上のRAMを追加
(続き)
  • プリントサーバ – サーバベースの印刷のパフォーマンスを向上させる場合は、比較的高速なプロセッサを使用するか、プロセッサを追加
  • Webサーバ – キャッシングを向上させる場合はRAMを追加。Webアプリケーションのパフォーマンスを向上させる場合はプロセッサを追加
  • データベースサーバ – キャッシングを向上させ、並行I/O用に複数のディスクを使用する場合はRAMを追加
  • ファイルサーバ – I/Oスループットを向上させる場合は、メモリとディスクを追加するか、RAIDシステムを利用

    *システム要件は、Geo Clustering for SUSE Linux Enterprise High Availability ExtensionをSUSE Linux Enterprise High Availability Extensionとともに使用する場合と同じです。
Linuxサーバの最低システム要件
  • ローカルインストール: 512MiBのRAM (512MiBのスワップを推奨)
  • ハードディスク: 2GiB以上(すべてをインストールする場合8.5GiB以上を推奨)
  • OSのスナップショット/ロールバック用に16GiB
クリックしてその他の技術仕様を表示
成功事例