HarvesterとSUSE Rancherによりインフラストラクチャの複雑さを解消

HarvesterSUSE Rancherにより、仮想化されたワークロードとコンテナ化されたワークロードを同時に効率的に管理できます。SUSE Rancherコンソールとネイティブにインテグレーションされているため、IT運用者は仮想化されたワークロードとコンテナ化されたワークロードを並べて容易に管理することができます.

インフラストラクチャ・スタックの将来性を確保

Kubernetes、Longhorn、Kubevirtを含む最新のクラウドネイティブ・テクノロジーをベースとするHarvesterにより、使い慣れたHCIエクスペリエンスで新しいクラウドネイティブ・ソリューションを拡張しながら自信を持ってスタック全体を革新できます.

クラウドネイティブ経済の活用

100%オープンソースで無料のHarvesterにより、IT運用者は従来のHCIプロバイダーよりもコスト効率に優れ、最新技術を採用したカスタマイズ可能なHCIを使用できます

Harvesterによるハイパーコンバージド・インフラストラクチャ環境の変革とは

レガシー・ワークロードとクラウドネイティブ・ワークロードのギャップを解消

HarvesterとSUSE Rancherの最新のインテグレーションにより、IT管理者は仮想マシンのワークロードとコンテナ化クラスターの完全なライフサイクルをSUSE Rancherプラットフォーム内でアクセス、管理、ナビゲートできます。

  • 運用プラットフォームの統合によりインフラストラクチャの複雑さを削減
  • Kubernetesなどの最新のクラウドネイティブ・ソリューションにより自信を持って環境を拡張可能
  • クラウドネイティブ・ソリューションの開発を促進
詳細はこちら

最新のオープンソース・クラウドネイティブ・ソリューション上に構築

Kubernetes上で開発および構築されたHarvesterには、LonghornやKubevirtなどの他のクラウドネイティブ・ソリューションが含まれています。SUSE Rancherとのインテグレーションのほか、Harvesterのクラウドネイティブの系統により、経験豊富なKubernetesユーザーはKubernetes APIによりHCIの運用エクスペリエンスを拡張およびカスタマイズできます。

  • クローズドソースの商用ソリューションへの依存を減らして革新を促進
  • 環境を統一してインフラストラクチャの能力をコアからクラウドやエッジに拡張
  • スタックの将来性を確保して人材の保持により運用の継続性を保持
詳細はこちら

既存のスタックを自信を持ってモダナイズ

Harvesterなどのクラウドネイティブ・ソリューションにより、組織のインフラストラクチャ・コストとリソース配分を改善できます。100%オープンソースで無料のHarvesterは、運用者にとって従来の複雑で高コストのHCIソリューションに代わる低リスクの選択肢です。

  • Harvesterは、直接接続されたローカルのストレージを使用する設計のため、 複雑で高コストの外部のSANシステムとのインテグレーションは不要です。
  • ライセンス料不要でSUSE Rancherなどの多機能のオープンソース・ソリューションと容易に連携可能
  • SUSEのサポート・サブスクリプションにより追加で安心の商用サポートを利用可能
詳細はこちら

Harvesterの一般リリースの詳細

Harvesterの一般リリースを祝うSUSEのグローバル・ローンチ・ミートアップにご参加ください。HarvesterとSUSE Rancherが組織のインフラストラクチャのモダナイゼーションにどのように役立つかをエキスパートがご説明します。

2022年1月から始まるHarvesterローカル.

HarvesterによるレガシーITとクラウドネイティブ移行の橋渡し

Harvesterによるハイパーコンバージド・インフラストラクチャ環境のイノベーションと組織のスタックのモダナイゼーションに関するIDCの最新のホワイトペーパーをお読みください。

ホワイトペーパーのダウンロード