SUSE Linux Enterprise Server

導入ガイド

Publication Date 26/10/2011

Copyright 2006– 2011 Novell, Inc. and contributors.All rights reserved.

この文書は、GNUフリー文書ライセンスのバージョン1.2または(オプションとして)バージョン1.3の条項に従って、複製、頒布、および/または改変が許可されています。ただし、この著作権表示およびライセンスは変更せずに記載すること。ライセンスバージョン1.2のコピーは、GNUフリー文書ライセンスセクションに含まれています。

Novellの商標については、商標とサービスマークの一覧http://www.novell.com/company/legal/trademarks/tmlist.htmlを参照してください。*LinuxはLinus Torvalds氏の登録商標です。他のすべての第三者の商標は、各商標権者が所有しています。商標記号(、™など)は、Novellの商標を表しています。アスタリスク(*)は、サードパーティの商標を表します。

本書のすべての情報は、細心の注意を払って編集されています。しかし、このことは絶対に正確であることを保証するものではありません。Novell,Inc.、Suse Linux Products GmbH、著者、翻訳者のいずれも誤りまたはその結果に対して一切の責任を負いかねます。


目次

このガイドについて
1. 利用可能なマニュアル
2. フィードバック
3. マニュアルの表記規則
1. のプランニングSUSE Linux Enterprise Server
1.1. SUSE Linux Enterprise Serverの導入にあたっての検討事項
1.2. SUSE Linux Enterprise Serverの導入と展開
1.3. SUSE Linux Enterprise Serverの実行
I. アーキテクチャ固有のインストール考慮事項
2. x86、AMD64、Intel 64およびItaniumへのインストール
2.1. 必要な背景知識
2.2. Linuxを動作させるためのシステム要件
2.3. インストールの考慮事項
2.4. ブートおよびインストールメディア
2.5. インストール手順
2.6. インストールの制御
2.7. ブートおよびインストールの問題の対処
3. IBM POWERへのインストール
3.1. 要件
3.2. 準備
4. IBM System zへのインストール
4.1. 一般情報および要件
4.2. インストールの準備
4.3. ネットワーク接続の種類
4.4. parmfile—システム設定の自動化
4.5. vt220ターミナルエミュレータの使用
4.6. IBM System zに関するさらに詳しい情報
II. 手動による展開
5. 導入計画
5.1. 10台以下のワークステーションへの導入
5.2. 100台以下のワークステーションへの導入
5.3. 100台を超えるワークステーションへの導入
6. YaSTによるインストール
6.1. インストール方法の選択
6.2. インストールのワークフロー
6.3. IBM POWER:ネットワークインストールのためのシステムのスタートアップ
6.4. IBM System z:インストールのためのシステムのスタートアップ
6.5. インストール時のシステム起動
6.6. ブート画面
6.7. ようこそ
6.8. IBM System z:ハードディスクの設定
6.9. メディアチェック
6.10. インストールモード
6.11. 時計とタイムゾーン
6.12. サーバベースシナリオ
6.13. インストールの設定
6.14. インストールの実行
6.15. インストール済みシステムの環境設定
6.16. グラフィカルログイン
7. SUSE Linux Enterpriseのアップデート
7.1. 用語集
7.2. 新しい保守モデル
7.3. 準備作業
7.4. YaST Wagonによるアップグレード
7.5. zypperによるアップグレード
7.6. SLE 10 SP4からSLE 11 SP2への更新
7.7. SLE 11 SP1からSLE 11 SP2への更新
7.8. サービスパックのインストール
7.9. Atomicアップデート
8. YaSTによるハードウェアコンポーネントの設定
8.1. ハードウェア情報
8.2. グラフィックカードとモニタの設定
8.3. キーボードとマウスを設定する
8.4. サウンドカードの設定
8.5. プリンタの設定
8.6. スキャナの設定
9. ソフトウェアをインストールまたは削除する
9.1. 用語の定義
9.2. KDEインタフェース(Qt)の使用
9.3. ソフトウェアリポジトリおよびサービスの操作
9.4. システムのアップデート
10. アドオン製品のインストール
10.1. アドオン
10.2. バイナリドライバ
10.3. SUSE Software Development Kit (SDK) 11
11. インターネットへのアクセス
11.1. インターネットに直接接続
11.2. ネットワークによるインターネット接続
12. YaSTによるユーザの管理
12.1. [ユーザとグループの管理]ダイアログ
12.2. ユーザアカウントの管理
12.3. ユーザアカウントの追加オプション
12.4. ローカルユーザのデフォルト設定の変更
12.5. グループへのユーザの割り当て
12.6. グループを管理する
12.7. ユーザ認証方法を変更する
13. YaSTで言語および国の設定を変更する
13.1. システム言語の変更
13.2. 国および時間の設定の変更
14. リモートインストール
14.1. リモートインストールのインストールシナリオ
14.2. インストールソースを保持するサーバのセットアップ
14.3. ターゲットシステムのブートの準備
14.4. ターゲットシステムをインストールのためにブートする
14.5. インストールプロセスのモニタ
15. 高度なディスクセットアップ
15.1. YaSTパーティション分割ツールの使用
15.2. LVMの設定
15.3. ソフトウェアRAID設定
16. 登録管理
16.1. カーネルパラメータを使用したSMTサーバへのアクセス
16.2. AutoYaSTプロファイルを使用したクライアントの設定
16.3. clientSetup4SMT.shスクリプトを使用したクライアントの設定
16.4. SMTテスト環境へのクライアントの登録
III. 製品のイメージングと作成
17. KIWI
17.1. KIWIの前提条件
17.2. KIWIの構築プロセスについて
17.3. イメージの説明
17.4. KIWIでのアプライアンスの作成
17.5. 詳細情報
18. Add-on Creatorを使用したアドオン製品の作成
18.1. イメージの作成
18.2. アドオンの構造
18.3. 詳細情報
19. YaST Product Creatorでのイメージの作成
19.1. Product Creatorの前提条件
19.2. イメージの作成
19.3. 詳細情報
20. カスタマイズした事前インストールの配布
20.1. マスタマシンの準備
20.2. firstbootインストールのカスタマイズ
20.3. マスタインストールの複製
20.4. インストールの個人設定
IV. 自動インストール
21. 自動インストール
21.1. 単純な大規模インストール
21.2. ルールベースの自動インストール
21.3. 詳細情報
22. SUSE Linux Enterprise 11 SP1から11 SP2への自動アップグレード
22.1. AutoYaSTプロファイルの準備
22.2. 自動アップグレードの実行
22.3. ブートしてアップグレードするためのGRUBメニューセクション
22.4. アップグレードの第2段階
22.5. 制限事項とヒント
23. プリロードイメージの自動展開
23.1. rescueイメージからの手動によるシステムの展開
23.2. PXEブートを使用した自動展開
A. GNU Licenses
A.1. GNU General Public License
A.2. GNU Free Documentation License

図目次

3.1. HMC: サーバ管理プロパティ
3.2. HMC: 管理されたシステム入出力デバイス
3.3. システムファームウェアの入力
3.4. マルチブートダイアログ
3.5. オペレーティングシステムのインストール
6.1. ブート画面
6.2. ようこそ
6.3. IBM System z:DASDの選択
6.4. インストールモード
6.5. 時計とタイムゾーン
6.6. サーバベースシナリオ
6.7. インストールの設定
6.8. ソフトウェア選択とシステムタスク
7.1. メンテナンス配信の進化
7.2. 長期サービスパックサポート
9.1. ソフトウェアマネージャの競合管理
9.2. KDE Software Updater
9.3. GNOME Update Applet
12.1. YaSTユーザとグループの管理
15.1. YaSTパーティション分割ツール
15.2. 物理パーティショニング対LVM
15.3. ボリュームグループの作成
15.4. 論理ボリューム管理
15.5. RAIDパーティション
21.1. AutoYaSTフロントエンドを使ったAutoYaSTプロファイルの編集
21.2. AutoYaSTルール

表目次

2.1. カーネルによってサポートされるCPU
2.2. ブートオプション
3.1. サポートされているモデル
5.1. メディアからのインストールSUSE Linux Enterprise Server
5.2. SLPを使ったネットワークサーバからのインストール
5.3. ネットワークサーバからのインストール
5.4. VNC経由の単純なリモートインストール—静的なネットワーク設定
5.5. VNC経由の単純なリモートインストール—動的なネットワーク設定
5.6. VNC経由のリモートインストール—PXEブートおよびWake on LAN
5.7. SSH経由の単純なリモートインストール—静的なネットワーク設定
5.8. SSH経由のリモートインストール—動的なネットワーク設定
5.9. SSH経由のリモートインストール—PXEブートおよびWake on LAN
5.10. 単純な大規模インストール
5.11. ルールベースの自動インストール
6.1. ブートオプション
7.1. セキュリティ更新とバグの修正
14.1. この章で用いられているインストール(ブート)シナリオ
17.1. イメージの説明のその他のファイルおよびディレクトリ

例目次

4.1. DASDを1つのLPAR専用として設定
4.2. z9上での複数のLPAR間のOSA Expressカードの共有(非qdio)
4.3. z9上での複数のLPAR間のOSA Expressカードの共有(qdio)
4.4. IOCDSの例
4.5. z/VMディレクトリの設定
4.6. REXXスクリプトによるIPL可能テープの作成
4.7. FTP経由のバイナリ転送
4.8. SLES11 EXEC
4.9. ネットワークデバイスドライバのパラメータ
4.10. ifconfigの例
4.11. サポートされているネットワーク接続の種類とドライバパラメータ
4.12. ネットワークデバイス名
4.13. ネットワークデバイスドライバのパラメータ
4.14. ネットワーク設定
4.15. NFS、VNC、IUCV、およびHTTPによるAutoYaSTを使用したインストール用のparmfile
4.16. NFS、SSH、HSI、およびNFSによるAutoYaSTを使用したインストール用のparmfile
7.1. df -hの出力例
17.1. KIWI設定ファイル
20.1. 提案画面の設定
20.2. Workflow(ワークフロー)セクションの設定
20.3. ワークフローコンポーネントリストの設定