ドイツNuremberg発


SUSE®は、大手投資会社のEQTと提携し、独立した事業として、戦略の実行と製品の拡大を継続して推進していく計画を発表しました。EQTによるマイクロフォーカスからのSUSE買収は、マイクロフォーカスの株主および規制当局から必要な承認を得たうえで、2019年初頭に完了する予定です。

7年間にわたり継続的な拡大を実現してきたSUSEは、ソフトウェア業界で豊富な経験を有する開発中心の投資会社であるEQTにより、マイクロフォーカスから買収されることが決定しました。これまでSUSEは、マイクロフォーカスの傘下で投資と支援を受け、エンタープライズレベルのオープンソースのソフトウェア定義型インフラストラクチャとアプリケーション配信ソリューションのリーディングプロバイダとしての地位を確立し発展してまいりました。

今回、SUSEはEQTと提携することにより、Linuxオペレーティングシステム分野だけでなく、オープンソースの新興製品分野においても、優れた市場開拓能力を発揮できることになります。この買収が完了した後も、SUSE CEOのニルス・ブラウクマン(Nils Brauckmann)が引き続きリーダーシップを取ることで、企業進化の次の段階へと進み、独立した企業として世界中に事業を展開します。SUSEがこれまで培ってきた、人材雇用、カスタマーリレーションシップ、パートナーシップ、製品とサービスの提供、オープンソースのリーダーシップへのコミットメント、主要オープンソースコミュニティへの支援などについては変わることなく継続していきます。

「今日はSUSEの歴史において、大変エキサイティングな一日です。EQTと提携することで、完全に独立した事業になります。」とニルス・ブラウクマンは述べています。「SUSEの開発における次の段階は今後も続くでしょう。そして近年の勢いをさらに加速させます。EQTと一緒になることにより、我々はさらなる投資機会による恩恵を得ると同時に、長期的な収益増加、およびお客様とパートナーの成功に焦点を当てたリーダーシップチームが存続することによっても利益を得ることができます。現在のリーダーシップチームは、過去の重要な成長期を通してSUSE事業を統括していた実績をもとに、今日の技術革新への継続的な投資と市場開拓能力を活かして、今後のSUSEのさらなる発展にまい進してまいります。」

EQT Partnersのパートナーで、EQT VIIIに対する投資アドバイザーであるヨハネス・レイチェル(Johannes Reichel)氏は次のように述べています。「当社は、この魅力的な成長事業への投資機会としてSUSEの経営陣とパートナーシップを締結することを非常に嬉しく思います。当社は、オープンソース市場の先駆者としてのSUSEに浸透している優れた文化と伝統だけでなく、近年の極めて好調な業績にも感銘を受けました。これらの企業特性は、強靭性に富んだ会社を支援し、構築し、成長を牽引するEQTのDNAと完全に合致します。SUSEと共に成長し次の革新を生み出すことを心待ちにしています。」

 

市場とSUSEの可能性

SUSEは、マイクロフォーカスのもとで進展してきた実績を踏まえて、EQTからのバックアップを受けることで、その潜在能力をさらに開花させることが期待されます。

SUSEは、オープンソースのソフトウェア定義型インフラストラクチャ(SDI)とアプリケーション配信技術をベースにしたデジタルトランスフォーメーションへのマーケット主導型ニーズが高まっていることから、この買収はまさに時宜を得たものであるといえます。今日の組織は、自身のビジネスを変革するためにオープンソースの技術とソリューションに注力し続けているからです。

オープンソースのソフトウェア、強力なブランド、市場をリードするソフトウェア定義型インフラストラクチャとアプリケーション配信ソリューションを財産とするSUSEは、この市場力学を活用し、お客様やパートナーの皆様にとって大きな価値を生み出す理想的な立場にあります。

さらなる投資と支援により、SUSEの継続的な成長と革新が可能になり、本業とアドオン型企業買収を通じて、SUSEのコアビジネスと新興技術の成長が促進されます。この投資は、SUSEの価値と潜在能力、およびEQTの文化、リーダーシップ、現行戦略の強さに対する確信の現れです。

安定性と持続性

SUSEは、現行のミッション、ビジョン、戦略を活かしたまま、現在および将来の市場要件に基づいて引き続きビジネスを遂行し、革新していく所存です。ニルス・ブラウクマンが率いる現在のリーダーシップチームは、オープンソースコミュニティとプロジェクトに深く根ざした取り組みとコミットメントによって、引き続きお客様とパートナーの成功に貢献します。この業界の関係を重視する特性を考慮して、過去7年間に急速な成長を成し遂げたリーダーシップチームを維持することが、お客様、パートナー、オープンソースコミュニティに大きなビジネス価値をもたらします。

25年の歴史を踏まえ、SUSEはオープンソースの開発とビジネスモデルにコミットし、コミュニティとプロジェクトに積極的に参加して、オープンソースの革新を高品質で信頼性の高い使いやすいソリューションとして企業に提供します。この真にオープンなオープンソースモデルは、単に当社に根付いた規範ではなく、お客様に提供する選択の自由を意味しており、SUSEの文化に包括され、市場で差別化され、成功の鍵を握るものです。

SUSEとEQTは、SUSEの強力なリーダーシップがお客様の能力を高め成功に導くものと信じています。

 

SUSEについて

SUSEは、オープンソースソフトウェアのパイオニア企業であり、信頼性の高いソフトウェア定義型のインフラストラクチャとアプリケーション配信ソリューションを提供することで、企業のコントロール能力と柔軟性を高めています。その卓越したエンジニアリング能力、圧倒的品質のサービス、他の追随を許さないパートナーエコシステムは、25年以上の歴史を誇り、これに裏打ちされた製品とサポートは、顧客企業が複雑な要素を管理し、コストを削減し、自信を持ってミッションクリティカルサービスを提供できるよう支援しています。また、長期的な関係を構築することで、現在および将来にわたり、顧客が成功する上で欠くことのできない、より高度なイノベーションの開発・提供を実現しています。詳細についてはwww.suse.comをご覧ください。

 

EQTについて

EQTは、27のファンドを通じ、約500億ユーロの資金調達を行っている大手投資会社です。EQTが保有するポートフォリオ企業は、ヨーロッパ地域、アジア、米国にあり、総売上高は190億ユーロを超え、従業員は約11万人に上ります。

EQTはユニークな産業アプローチを通して、世界的に多様な産業アドバイザーのネットワークを利用して、様々なセクターへの投資を成功させた実績を有し、成長と開発に重点を置いています。特にソフトウェア業界においては、現在はIFSとSitecoreに投資しており、2017年までAutomicに投資していました。

EQTは、スカンジナビア最大の産業持株グループでありWallenbergグループの一部であるInvestor ABとともに1994年に設立されました。EQTは、所有権に対する長期的かつ責任あるアプローチを取ることで、ポートフォリオ企業や社会全体の価値を創造していきます。そして、持続可能な成長とオペレーショナル・エクセレンスを追求し、業界リーダーとしての確固たる地位を築いていきます。

EQTは、投資期間中にポートフォリオ会社に対して起業家精神を育成し、経営陣が継続的に成長を追求し、イニシアティブを発揮するよう動機づけを行います。EQTの所有期間中、ポートフォリオ会社の従業員数は毎年平均10%、売上高は10%、EBITDAは11%、それぞれ増加しています。

EQTは3大陸14カ国にオフィスを持ち、全体で約540名の従業員を擁しています。

 

###

著作権 2018年 SUSE LLC。不許複製。SUSEおよびSUSEのロゴは、米国およびその他の国におけるSUSE LLCの登録商標です。すべてのサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。

 

 

(Visited 1 times, 1 visits today)

Category: Announcements, SUSE News
You can follow any responses to this entry via RSS.